高濃度ビタミンC配合点滴

高濃度ビタミンC点滴療法とは

高濃度ビタミンC点滴療法とは静脈内に高濃度のビタミンCを投与すると、果物や、サプリメントなどを経口摂取した場合の20~40倍もの濃度、ピーク値においては100倍ものビタミンCを体内に取り入れることができます。

この高濃度ビタミンC点滴療法は米国カンザス州のDr. Hugh Riordan(1932-2005)/Riordan Clinicを中心にはじめられたものですが、ビタミンCの免疫力アップの効果や、コラーゲン合成を促進する作用など、さまざまな効果がわかってきたことから、現在では世界中で取り入れられています。

当院では、アンチエイジング目的で、1回25g 50gの高濃度ビタミンCの点滴を行っております。また、混合ビタミンB群を含む点滴メニューのご用意もございます。

高濃度ビタミンC配合点滴をお勧めしたいかた

生活習慣が気になっているかた
  • タバコを吸う
  • お酒をよく飲む
  • ストレスをためやすい
  • 外出が多い
  • 疲れやすい
  • 寝起きが悪い
  • 免疫力の低下を感じている
お肌などにお悩みがあるかた
  • この頃シミが気になる
  • アンチエイジングに興味がある
  • うっかり日焼けをしてしまった
  • 毛穴が開いている
  • にきび・肌荒れに悩んでいる
  • 肌のハリ・弾力が無くなった気がする
  • 髪のコシ・ツヤが無くなった気がする
病気を予防したい
  • 風邪をひきにくい体にしたい
  • がんにかかるのを予防したい
  • アトピー性皮膚炎を改善したい
  • 歯周病の予防をしたい
  • うつ・精神状態を改善したい

ビタミンCの主な作用

メラニン合成抑制 シミ・肝斑の改善 美白
コラーゲン合成促進 しわ・たるみ改善
肌の保水力促進 乾燥肌の改善
皮脂の過剰分泌抑制 にきび改善
抗酸化作用 老化予防 がん予防
抗アレルギー作用 アトピー性皮膚炎の改善
免疫力強化 風邪の予防 疲労回復
ストレス解消 快眠作用 精神安定作用

当院の高濃度ビタミンC配合点滴について

当院の高濃度ビタミンC配合点滴について当院で導入しているビタミンC製剤は、安全性を重視して防腐剤不使用のものを使用しております。国内の点滴用ビタミンCは残念ながら防腐剤を含有しているため、当院では使用しておりません。

当院では、防腐剤不使用のMylan社製ビタミンC製剤を使用しております。
世界的な使用実績があり安全性を確認されたものですが、厚生労働省の認可を得ていないため、ご理解の上ご同意を頂いた場合のみ、この治療を行っております。

高濃度ビタミンC配合点滴を受けていただく前に

高濃度ビタミンC点滴療法は、

  • G6PD欠損症
  • 腎機能低下がある
  • 透析中
  • 心不全

の方は受けていただくことができません。

初回のみG6PDの検査と腎機能を採血でチェックする必要があります。

赤血球にあるG6PDという酵素が欠損している遺伝性G6PD欠損症の場合、血中のビタミンC濃度が上がると赤血球が破壊される「溶血」という現象が起こり貧血になります。

そのために、高濃度ビタミンC点滴をご希望される場合、必ずこの検査を受けていただいています。

また、腎機能が低下している場合、ビタミンCの排泄が充分に出来ない場合があるため、腎機能のチェックも必須となります。

採血検査を事前に受けていただきますが、過去3ヶ月までの腎機能のデータをお持ちいただけたらそれでチェックすることも可能です。

起こり得る副作用について

点滴療法中に、違和感など、なにか症状を感じたら、すぐにスタッフまでお声掛けください。

血管痛

点滴の滴下スピードにより、血管痛を起こす可能性があります。
点滴の液を温めたり、点滴速度の調節をしたりすることにより血管痛は改善します。

のどの渇き

利尿作用があるため排尿が近くなることがあります。また点滴中はこまめな水分の補給が必要ですから、お好みの飲み物を持参していただくと効果的です。

低血糖症状(めまい・冷や汗・疲労感など)

ビタミンCはブドウ糖と化学的構成が極めてよく似ているため、体内にブドウ糖が入ってきたと身体が勘違いすることがあり、インスリンの分泌が過剰になり、低血糖を起こす可能性があります。空腹状態での点滴を避け、ジュースや軽食などを持参してください。

低カルシウム血症

カルシウムを尿として外に出してしまうビタミンCの「キレート」という働きから、まれですが筋肉がけいれんしたり、しびれなどが発現したりする可能性があります。カルシウム製剤を注射することで改善します。

吐き気・頭痛・ほてり感・動悸

点滴の速度や当日の全身状態、体調などによりこうした症状が起こる可能性があります。

眠気・ボーっとする感覚

ビタミンCが持つ抗ヒスタミン作用によって起こる可能性があります。

高濃度ビタミンC点滴療法の流れと料金

点滴療法の流れ

1検査

初回のみ必ずG6PD検査(採血)を受けていただき、安全に点滴療法をおこなえることを確認します。

2点滴療法

高濃度ビタミンCを溶解した製剤を点滴静注します。処方時間は、60~120分程度です。

3点滴療法の回数

1週間に3回の投与が理想的ですが、効果のご実感のためには、1週間に1度以上は定期的に受けていただくことが望ましいです。

料金

G6PD検査(初回の高濃度ビタミンC点滴療法前に必要な検査です) 12,000円
高濃度ビタミンC点滴 25g 15,000円
50g 30,000円

(税抜価格)

TOPへ