切らない眼瞼下垂(埋没式挙筋短縮)手術

切らない眼瞼下垂(埋没式挙筋短縮)手術

眼瞼下垂とは、まぶたが本来あるべき位置より垂れ下がって(下垂して)、顔立ちが変わってしまったり、目が開きにくくなってしまったりした状態のことです。
眼瞼下垂を治療する手術は、まぶたを切って行う「切開法」と、まぶたを切らない「埋没式挙筋短縮術」という2つの術式があります。
「切開法」は、現在多くの医療機関で広く実施されている眼瞼下垂手術の主流です。
しかし、「切開法」では確実性が高いのですが、ダウンタイムが長く、気に入らなかった時に元に戻す事ができないというデメリットがある為、 眼瞼下垂の手術をためらう方も少なくなくありません。
そこで、手術に伴うデメリットをできるだけ解消し、抵抗感を減らす方法として考案されたのが、まぶたを切らない「埋没式挙筋短縮術」です。

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂を医学的に説明すると、まぶたを持ち上げる筋肉にトラブルが生じている状態のことです。
目を見開いたときに、黒目にまぶたがかかっていないのが正常な状態ですが、何らかの原因で目を開いたとき、まぶたが黒目にかぶさった状態になる場合があります。
まぶたを持ち上げる筋肉のトラブルによって、そういう状態が起こってしまっているのが、眼瞼下垂です。
まぶたを持ち上げるときに働く筋肉を「眼瞼挙筋」といいます。
まぶたの中には、「瞼板」という薄い板のような支持組織があり、これによって形が保たれています。
眼瞼挙筋は、この板を引っ張ることで、まぶたを持ちあげているのです。
この筋肉の働きが弱まって瞼板を十分に引っ張れなくなると、しっかり目を開くことができなくなります。
すると、黒目の上にまぶたがかぶさったような状態になり、視界が悪くなってしまいます。
眼瞼下垂が起こった場合、私たちは、ほとんど自覚しないまま、まぶたを眉毛ごと持ち上げたり、あごを上げて視角を変えたりすることで、視野を広げようとします。
その結果、眼瞼下垂の度合いがかなり進んでしまっているということも少なくありません。 眼瞼下垂が進行してしまうと、

  • 間延びし、まぶたが下がり眠たそうな目に。
  • 目を開くのに眉毛を上げてしまい(眉毛を上げないと目が開かない為)額のシワの原因に。
  • まぶたが黒目にかかり視界が狭くなってしまいます。
眼瞼下垂の典型的な症状
  • まぶたが重く感じる
  • 目が疲れやすい
  • 疲れてみえる
  • 目の開きが悪くなり、黒目が隠れてしまう
  • 左右で目の大きさが違う
  • まぶたのふたえの幅が変わってきた
  • 上まぶたのくぼみが深くなってきた
  • 眉毛とまつげの間隔が広がってきた

切らないので痛みが少ない

まぶたにメスを入れる切開法の場合、どうしてもある程度大きな傷をつけることになってしまいます(最大3㎝程度)。
多くの切開手術と同様に、その傷が治るまで、腫れと痛みを伴ってしまうことは避けられません。
その点、切らない眼瞼下垂の手術は、個人差はございますが、術後にずっと、つらい痛みや腫れが続くということはほとんどございません。

手術時間は片目20分程度

切開法での手術時間は、最短でも片目につき約30~40分くらいかかります。
患者さまにとって、時間的にもご負担の少ない術式です。

傷跡が残りにくく、腫れや内出血が少ない

切開法の場合、どうしても傷跡が残ります。
そして、手術後しばらく、傷の周囲にある程度の腫れや内出血も残ります。
そのため、手術後すぐには日常生活に戻りにくく、「ダウンタイム」が長くなる傾向があります。
切らない眼瞼下垂の手術ですと、抜糸も必要なく、術後に大きな腫れや内出血を伴うことはほとんどございません。

ダウンタイムが短く、数に日常生活に戻ることができる

ダウンタイムとは術後、組織の傷がなおり、まぶたの状態(腫れ・皮下出血など)が落ち着きを取り戻すまでの時間のことをいいます。
眼瞼下垂の手術をお考えの患者さまには、ダウンタイムは短い方がよい、というニーズがございます。
とくに、お仕事をお持ちのかたの場合、「できるだけ仕事を休む期間を短くしたい」「できれば普通に仕事を続けながら治療を行いたい」とお考えになるのは当然のことです。
切開法の場合は、先ほど述べましたように、腫れや内出血が強めに残ってしまうため、完全に落ち着くまでは数週間から約1ヶ月ほどかかってしまいます。 傷の状態によっては、3~4か月のダウンタイムが必要な場合もございます。
その点、切らない眼瞼下垂の手術は、切りませんので傷跡が残らないことはもちろん、まぶたへのダメージが小さいので、大幅にダウンタイムが短くなるといえます。
これも、個人差はございますが、状態のよい患者さまなら、手術直後でもお仕事できますし、メイクは翌日から可能でございます。
お仕事をお持ちのかたにお勧めしておりますのは、週末にこの切らない眼瞼下垂の手術を受けていただくことです。月曜日には概ね普通にご出勤できます。

ダウンタイム・施術後の注意点について

施術時間 施術時間 片目20〜30分、両目40~50分
ダウンタイム 大きな腫れ(麻酔・内出血など)がひいてくるのに1週間〜2週間
組織(むくみ、糸の埋まり)が安定するまでには3ヶ月〜6ヶ月
施術後の検診 1週間・1ヶ月(糸の埋まり方、炎症、その後の指導など)
術後のメイク 翌日より可能
術後の入浴 当日より可能 (目元は避けてください。)
術後の洗顔 当日より可能 (目元は避けてください。)

料金について

手術・お薬・1ヶ月間の検診・アフターフォローまで全て含んだ料金となります。
不安な事やご質問などございましたら、お気軽にごお問い合わせください。
(掲載されている料金は全て税抜表示となっております。)

手術内容 料金
切らない眼瞼下垂手術 (埋没式挙筋短縮手術) ¥250,000 (税抜価格)
TOPへ