ほくろ

ほくろ

ほくろほくろは、メラニンを含む細胞が集まってできた“母斑”の1つです。
とても身近なもので、ほくろのほとんどは良性ですが、中にはがん化するものも存在します。
生まれてから青年期にかけて生じて、その後はあまり増えないのが一般的です。
数や色、形はさまざまですが、体表のほくろの数が50個以上ある方は、ほくろががん化するリスクがやや高いと言われています。
ほくろの色、見た目などに異常や変化を感じたときには、一度当院にご相談ください。

気になるほくろの色や見た目

美容的観点から、ほくろが気になる基準は人によって異なりますので、ご自身で気にならないのであれば基本的には除去の必要はありません。
ただし、悪性という可能性もゼロではありません。
特に5ミリ以上のほくろ、形がいびつなほくろ、急に大きくなったほくろ、出血のあるほくろを見つけたときには、一度専門医を受診なさることをおすすめします。
ここではまず、一般的にどのようなほくろがあるのか、ご紹介します。

黒、青灰色、黄色、肌色と、ほくろの色はさまざまです。
色がだんだん濃くなっていったり、色調が変わったりすることもあります。

大きさ

目に見えないくらいの1mm以下のものから、3cm程度に及ぶものまでさまざまです。

丸い、あるいは丸みを帯びた形をしています。ほとんどは平らなものですが、隆起(盛り上がる)するものもあります。

治療

当院では、レーザー、電気メス、あるいは手術によるほくろ治療を行っております。

レーザー・電気メスによるほくろ治療

ほくろの原因となっている細胞を、焼き切ります。正常細胞へのダメージをできるだけ抑えた、低侵襲のほくろ除去が可能です。
治療後はかさぶたができ、やがて新しい上皮に覆われてかさぶたがとれて、次第にほとんど目立たなくなります。
レーザーによる治療であっても、ごくまれに、浅く陥没などが残ってしまう場合があります。
きれいに治癒させるために、10日から2週間ほどは、医療用テープを貼って保護していただきます。
ほくろ治療を行った部分に、過剰な刺激が加わったり、紫外線が当たったりするとその後の治りに影響が出ることがあります。

手術によるほくろ治療

大きなほくろや根が深いほくろなどの場合は、手術によって切除することもあります。
皮膚切開、縫合などが必要な手術の場合は、術後1週間で抜糸などを要することもあります。
ほくろ治療の詳細につきましては、受診の際にお訊ねください。
保険適応の場合もありますが、ほくろの病態や数、治療方法によって料金が異なります。

※レーザーを使用する場合には、自費診療となります。

TOPへ