ブログ

がん治療と、外見に関わる副作用 ー脱毛についてー

local_offerアピアランスケア
local_offerブログ

こんにちは アピアランスビューティクリニックです。

がん治療には、手術 抗がん剤 放射線治療 などなどさまざまな方法があります。

なかでも、治療の副作用は、その効果と同じように心配です。

抗がん剤、つまりがんに抗うお薬にもたくさんの種類がありますが、やはり髪の毛をはじめとするお身体の毛が抜けてしまう、脱毛を伴うものもあります。

抗がん剤の吐き気、嘔吐といった副作用は、このところ本当に良い、抗がん剤専用の吐き気止めのお薬が登場していて、少し前とは格段に、治療が楽になっているのではないかと思うのですが、

脱毛に関しては、吐き気止めが押さえているようなレベルで、脱毛を予防できるようなものはまだありません。

治療中および治療後に頭皮を冷却して、脱毛を50%予防できるデバイスもあって、それにはわたくしも数年前から注目しているのですが、すべての患者さんに等しく受けられる予防策かといわれるとちょっと違うかなというのが正直なところです。

加えて

治療の影響で髪の毛が抜けてしまった後、すんなり元通りになるかたもいらっしゃいますが、ときに頭頂部、おでこの生え際のところ、など、男性型脱毛症と同じ部位の発毛がなかなか進まず、抗がん治療が終わってかなりの時間が経過しても、ウィッグが手放せないかたもいらっしゃいます。

アピアランスビューティクリニックでは、がん治療に伴う脱毛に対して、治療終了後のかたへのアフターケアをご提供しております。

1 内服薬による治療 (1ヶ月あたり12000円)

2 スプレータイプの外用薬による治療 (1ヶ月あたり10000円)

3 頭皮に直接、お薬を注入する治療 (お値段は下記)

この3種類の治療を組み合わせて、患者さんに一番合った発毛をサポートさせていただきます。

内服・外用はイメージしやすいかと思いますが・・・。

注入って?

こちらの機器をつかいます。右手に見えるハンドピースに、お薬を充填したシリンジ(注射器です)を装着して、特殊な針を付けます。

この機器は優れモノで、ハンドピースを発毛させたい部分の頭皮にそっと当てて、スイッチをオンにすると、針が正確に1.5mm刺入し、シリンジから0.2mlの薬剤が注入されます。

安定して、頭皮にお薬を供給できるようになっています。

各種痛み止めを併用できますので、詳しくはカウンセリングの際にご説明いたします。

治療は1ヶ月に1回、6回をめどに行います。頭部全体に注入、というよりは、気になるところに集中してお薬を届ける治療です。

当院は開院してまだ1ヶ月ですので、現在モニタさんが治療を開始なさったばかりのところです。

まだ詳細な視覚的情報を差し上げることはできかねますが、楽しみにお待ちいただければと思います。

気になるお値段は、

注入するお薬にもよりますが、1回の注入治療あたり50000円~100000円です。

6回コースをご購入いただいて、しっかり半年間治療なさる方には、オープン特別価格として、5回分のお値段でご提供しております。

わたくしどもや、未来の患者さんたちのために、お写真をご提供くださることをお許しくださる方には、モニタ価格のご用意もございますので

ぜひぜひ、いちどご相談だけでも、おいでいただければと存じます。

抗がん剤でダメージを受けた頭皮に、有効成分を届けて、健康な髪をもう一度、取り戻すお手伝いをいたします!


ハイコックスという機器です。本邦1台目なのです!

TOPへ