しみ

しみ

しみしみは年齢とともに増えていきます。
どうにかしたいと思いながらも、どのようにしみの治療をしたらよいかわからない、と多くの方がご相談できずにお困りではないでしょうか。
しみのタイプに応じた適切な治療を行えば、完全に消すことは難しくても、ほとんどの場合、かなり改善させることが可能です。しみだけの受診でも親身に承りますので、どうぞお気軽にご相談下さい。
レーザーが効くしみ、飲み薬や塗り薬が効くしみ、さまざまですので、自分のしみがどれに当たるのか、読んでみて下さい。

日光黒子(老人性色素斑)の治療

日光黒子とは主に顔にできる、境界がはっきりした茶色のシミです。
日光が当たるところにできるので、手の甲や腕にもできます。年齢とともに増え、40代以降で目立つようになります。大きさは1cm前後のことが多いですが、年齢が進むと大型になることもあります。
肝斑や後天性真皮メラノーシス(ADM)とは異なり、左右対称にはならず、境界がはっきりしているのが区別するポイントです。
Qスイッチレーザーがよく効き、通常1回でも効果を実感できます。Qスイッチレーザーにはルビーレーザー、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーの3種類がありますが、いずれの器械でもよく効きます。当院には、最新型のQスイッチNd:YAGレーザーを導入しております。
しみの数が多く、また範囲が広い場合には、まずはIPL治療で顔全体のしみを治療するのも有効な方法です。当院でもこのような場合は、レーザーやIPL治療で皮膚全体を改善する方法を行っています。

肝斑(かんぱん)の治療

肝斑は顔に左右対称にみられる茶色のシミで、ほほから目の周りにかけてアルファベットのCの字のように分布しており、ほほの広い範囲がベタッとした感じの薄い茶色になることが多いです。20代後半以降に出現しはじめ、妊娠・出産や経口避妊薬(ピル)で色が濃くなることが多いことから、女性ホルモンが影響していると言われています。また、ほかのしみと同様に、日焼けでさらに色が濃くなりますので、日焼け止め、UVケアは欠かせません。
肝斑は、日光黒子に行うように強くレーザーを当てると、逆に悪化することが多いので、注意が必要です。
肝斑に対してレーザー治療を行う場合は、Qスイッチレーザーを用い、弱めの出力で顔全体に当てます。「レーザートーニング」と呼ばれる方法です。
当院でもレーザートーニングを行っています。通常、2~4週間おきに5回以上の治療を行います。
この方法は、治療中の顔の痛みや、レーザー照射後の赤みがほとんど出ない点が利点で、すぐにお仕事に戻ることもできます。その替わりに効果を実感するには回数が必要です。
回数をかければ効果を実感できることがほとんどですので、継続して治療していきましょう。
肝斑の治療にはぬり薬とのみ薬も有効です。薬剤は単独でも効果を実感できることは多いですし、レーザーと併用するとさらに効果は上がります。
ぬり薬はハイドロキノンとトレチノイン、飲み薬はトラネキサム酸とビタミンCを使います。
3ヶ月ほど継続すると治療の効果を実感できることが多いです。

 炎症後色素沈着(PIH : post inflammatory hyperpigmentation)

にきび、アトピー性皮膚炎、湿疹、虫刺され、やけど、けがなどにより赤くなる炎症が続くと、それが治ったあとにメラニンが残り、茶~黒っぽい色残ってしまいます。数ヶ月~1年ほど経つと自然経過でもかなり薄くなるのですが、それでもうっすらと黒っぽい色が残ってしまうことが多いです。
このような場合、日焼けをするとさらに色が濃くなるので、まずは日焼け止めやその部分が日に当たらないようにしてしっかり日焼けを予防しましょう。
治療としてはまずぬり薬のハイドロキノンまたはトレチノインを使います。同時にぬることもあります。3ヶ月ほど使うと治療効果が出てきます。それでも効果が不十分であるときにはQスイッチレーザーを使う場合もあります。

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM : acquired dermal melanosis)の治療

後天性真皮メラノサイトーシスはADMと呼ばれ、頬の上の方に左右対称にできることが多いです。肝斑ではほほ全体がベタッとした茶色になるのに対し、ADMは頬の上の方の出っ張ったところで、左右対称に点状に色素が多発するのが典型です。
灰色~青色っぽく見えることが多く、10代後半~20代の頃に出てくることが多いです。
皮膚の深い部分(真皮)にメラノサイトというメラニンを作る細胞が増えるのが原因なので、表面のメラニンを除去するぬり薬は効果がありません。Qスイッチレーザーで治療します。

TOPへ